昭和10年創業 新潟県新潟市の印刷会社《株式会社コマガタ》が運営しています。

・和紙の製品サンプル

サンプルラベル(雲竜大礼紙/オフセット印刷/プロセス4色カラー)

和紙を使用したオフセット印刷の例です。用紙は長い繊維がランダムに入り和紙ならではの風合いの「雲竜大礼紙」を使用し、ブラック系、ホワイト系、グリーン&ブルー系、ピンク&レッド系の4系統制作いたしました。和紙への印刷をお考えの際に参考になれば幸いです。(日本酒720ml用:110✕100mm)

ブラック系

和紙を使用したブラック系のラベル例です。
和紙印刷面の拡大画像

サンプルでは4色カラー印刷ですが、スミ+赤の特色2色での印刷も可能です。また、同じ色合いでもスミ1色+赤の箔押という組み合わせも出来ます。

ホワイト系

和紙を使用したホワイト系のラベル例です。
印刷面の拡大画像

サンプルでは4色カラー印刷ですが、スミ+茶+赤の特色3色での印刷も可能です。また、同じ色合いでもスミ+茶+赤の箔押という組み合わせや商品名の箔押しも可能です。

グリーン&ブルー系

和紙を使用したオフセット印刷、グリーン&ブルー系のラベル例です。
印刷面の拡大画像

ピンク&レッド系

和紙を使用したオフセット印刷、ピンク&レッド系のラベル例です。
印刷面の拡大画像

4色カラー印刷例です。淡い色合いや柔らかい階調などは和紙の風合いと相性が良いです。4色カラー印刷だけでももちろん素敵ですが、商品名を箔押しにするなどで質感の違いを出し風合いを強調することも出来ます。

特別サンプル:手漉き和紙の化粧箱

当社では、平成26年10月に「和紙:日本の手漉和紙技術」がユネスコの無形文化遺産に登録されたこともあり、地元新潟の手漉和紙を使用して日本酒720ml用の化粧箱を制作いたしました。使用した手漉和紙は、新潟県柏崎市(旧高柳町)の「越後門出和紙」です。原料の楮(こうぞ)は中国産ですが、菊判8匁の用紙1枚が780円ととても高価な用紙です。昔ながらの手漉き和紙は、紙の中に残った木の繊維がランダムに現れ天然素材の素朴な風合いが楽しめます。色も淡いクリーム色で温かみが感じられます。

手漉き和紙を使用した化粧箱サンプル
手漉き和紙へ箔押しした部分拡大
手漉き和紙の合紙した中面
手漉き和紙の素材アップ

今回使用した和紙は8匁と比較的薄く、そのまま箱にはできませんので裏面にこげ茶色のボール紙を合紙いたしました。表面の箔押しはシンプルにツヤのある黒を使用することで、素朴な風合いの中でロゴが際立つ仕上がりです。表面のクリーム色と裏面のこげ茶のコントラストで全体的にモダンな印象になりました。和紙を用いた合紙は消して簡単なものではありませんし、製造コストも高く大量生産には向きませんが「作ってみたい」というご要望がありましたら、ぜひご相談ください。

和紙のご紹介はこちら

和紙の印刷についてはこちら

お見積り・各種ご相談、お気軽にお問合せください!

製造は最小ロット500枚〜承ります。

Tel:025-375-8333

「和紙の印刷屋を見た」とお伝えください!(受付時間平日9:00〜17:00)

メールでお問合せ

《和紙の印刷屋》は、昭和10年創業の新潟県新潟市の印刷会社、株式会社コマガタが運営しています。当社は、一般的な商業印刷はもちろんのこと、特に化粧箱をはじめとする印刷紙器や、新潟という土地柄か日本酒ラベルの印刷を得意としております。蓄積されたノウハウを活かし、オフセット印刷では扱いが難しいとされる「和紙の印刷」にも積極的に取り組んでおります。

Copyright(c)2004-2016 by Komagata co.,ltd. All Right Reserved.